就活シーズンの写真屋の証明写真ののぼりは効果的

就活シーズンの学生にとって、証明写真は必要不可欠であるとともに、
上手に撮ってもらい少しでも自分の印象を良くしたい
大切な就活グッズでもあります。

書類選考の時には、写真のイメージで印象が決まり、
少しでも印象を良くして書類選考に通りたいと考えている
学生が多いのが実際です。

写真屋を普段気にとめていない学生は、街を歩きながらのぼりを見て、
写真屋を探すことが多く、のぼりがたくさん出ていて、目につきやすいと、
証明写真が撮れることや、その店の強みをアピールすることができ
大変効果的です。

学生ですから、金額を事前に知りたい人も多く、
のぼりに書かれている金額にひかれ、安心して
店に入ることができるという効果もあります。

また、就活中には、いくつもの会社を受けている人も多いので、
急いで証明写真が必要な人や、会社訪問の空き時間に
写真を撮る人もいるため、のぼりがあって、すぐに証明写真が
撮れることが分かりやすいと、飛びこみで写真を撮ることもできるので、
のぼりでアピールすることがおすすめです。

レンタルビデオ屋の新作DVDのPRのぼりは豪華

レンタルビデオ屋ののぼりは、見た目が派手で豪華です。赤色や黄色、青色など派手な色遣いをしているので、レンタルビデオ屋との距離が離れていても、豪華なのぼりが自然と目に入ってきます。

レンタルビデオ屋にとっては、自然と目に入ることほど高いPR効果はありません。特に大ヒット映画の新作DVDのレンタルが開始されたときは、のぼりの数も普段より多くなります。

大ヒット映画の新作DVDのときにのぼりの数が多くなるのは、多くの人に借りて欲しいからです。テレビなどで話題になった映画というのは、映画ファンでなくても一度は名前は聞いたことがあるでしょう。

しかし普段から映画館に足を運ばない人は、話題になっただけでは映画を観に行くことはありません。

ですが、レンタルビデオ屋の近くを通りかかったときに豪華な新作DVDのPRのぼりが目に入れば、「ちょっと借りてみよう」といった気分になります。派手で豪華なのぼりは、新作DVDのPRに最適なのです。

オリジナルのぼり旗のカットの種類について

のぼり旗と言えばオーソドックスな縦長の長方形の旗を思い浮かべますが、
実は様々な形状があるのをご存知ですか。

ここではちょっと変わった種類の旗をご紹介したいと思います。
基本の長方形タイプは広く出回っており、サイズも様々です。

この長方形の旗からポールと反対側の下側の角を丸くカットしたものは
アールカットと呼ばれるもので、こちらも良く見かけるタイプです。

アール型、または裾を狭めた台形のぼりは風によるなびきが少ない分、
ほつれにくいという特徴があります。
長方形の下側をV字にしたベース型、逆の山切りカットは古くから
西欧で使用されてきた人気のあるのぼり旗です。

レストランや西洋をイメージするようなショップで良く見かけます。
シングル使いでも十分魅力的ですが、ダブルのぼりで使用すると
より裾のデザインが強調され、インパクトを与えて高い宣伝効果を
得ることができます。

その他専用ポールを使用するような複雑な形状の旗を扱う専門店が
次々と出現しています。
未だ市場は長方形が占めていますが、オリジナリティを求めて
今後選択肢が増えていくことは確実です。

のぼり旗の起源とは

のぼり旗の起源とは?いつ、どこからきたのでしょうか。
資料としては、魏志倭人伝に登場し、地位保証のために贈られたと
記述されています。

用途としては、戦うための旗ということでした。
ほかに日本書紀では新羅から伝わったという記述もあります。

これには宗教的な意味があったようです。
これが見分ける、目立たせるという目的で利用されるようになったのは、
戦国時代でした。

軍勢が入り乱れる戦場では、鯉のぼりのように風で乱れてしまう流れ旗では
敵味方の区別がつきにくかったのです。

そのため、縦長ののぼり旗が使われるようになりました。
また、この時代に「乳」とよばれる、竿に通す布製の輪がつけられました。

こういった元々武士の風習であったものを、江戸時代には、
庶民も取り入れられていきました。

記念日や祭りのときには、カラフルなのぼり旗が町を埋め尽くしたといいます。
とくに端午の節句のときは、子供の健康や出世を願った絵柄をつけた
のぼりを武家や商人、一般庶民にいたるまで家の外にかざりました。

素材は、裕福であれば木綿で、庶民は紙でした。
もともとのぼり旗は、五穀豊穣や無病息災、商売繁盛を願うとき、
神社やお寺などでも使われいため、祭りとは縁が深いといえます。

のぼり旗のデザインは統一感が大切です

イベント会場への案内表示として使ったり、雰囲気を盛り上げるための
小道具だったり、のぼり旗には様々な使い方が考えられますが、
いずれにしてもデザインを統一感を持ってそろえることが非常に重要です。

例えば年に一度のイベントのため、のぼり旗が準備されているとします。
前年、規模を拡大して盛況だったため、今年は新たにのぼり旗を新調するときに、
表示する内容を同じものにしたとしても、デザインを変更してしまうのは
問題を招きかねません。

別のイベントと間違えてしまうかも知れないからです。
人間には、一度見たものに「先入観」を持つ癖があります。
毎年そのイベントを楽しみにしている方は、かつて楽しかった印象と
デザインを結びつけて覚えてしまっているはずです。

新調した旗を見て、別のイベントと勘違いするのはそういうときです。
どうしても別なもので、と言う場合、アイコンのような、目を引くポイントを
共通させるなど、工夫をする必要があります。