カテゴリー: のぼり旗デザインの考え方

オリジナルでのぼり旗を作る理由

お店などの施設で集客効果を高めたいと思った時に
取り入れると良いアイテムといえばのぼり旗ですが
のぼり旗は、大きく分けると既製品とオリジナルの
2つに分けることができます。

オリジナルののぼり旗を手に入れるとなると、デザインを考えたり
データを入稿するなど、何かと手間がかかって面倒なものですが
手間をかけるだけのメリットはあるものです。

オリジナルで考える

オリジナルののぼり旗のメリットは、何と言っても
デザインの自由度の高さでしょう。

個性的な商品を取り扱っていたり、ユニークなサービスを行っている
施設の場合には、既製品ののぼり旗ではお店の宣伝が
うまくできなかったり、魅力を伝えきれなかったりするものです。

こういった状態では集客効果を高めることはできません。
その点、オリジナルののぼり旗であれば、取り扱っている商品や
サービスをストレートに表現したデザインで印刷をすることが
できますから、集客効果を高めやすいと言えます。

ちなみに、オリジナルののぼり旗というのは、デザインの自由度が
高いのはもちろんですが、サイズも色々と選べるものですので
サイズ選びにもこだわることで、さらに効果的な宣伝を
していくことができるようになると言えます。

魅力的なデザインが死んでしまわないように、相性の良いサイズを
選んで注文をすると良いでしょう。

なお、注文枚数や納期のタイミングによって費用が変わることも
ありますから、このへんも気にしておきたいところです。

商店街にもおすすめのオリジナルののぼり旗

のぼり旗というのは、大通り沿いにある飲食店で活用されることがあるアイテムです。

ドライバーの目につきやすいようにのぼり旗を設置しておけば
良い宣伝になって、立ち寄ってもらえることがあるものです。

のぼりで呼び込む

また、インパクトのあるデザインであれば、その時に寄ってもらえなくても
後で足を運んでもらえることもあるでしょう。

なお、設置する時には、オリジナルのデザインののぼり旗にすることで
インパクトを出すことができるものです。

こういったオリジナルデザインのぼり旗というのは、車が多く通る
大通りだけで使えるものではありません。

車が通らない、もしくはほとんど通らない商店街であっても使える便利アイテムです。

商店街というのは、色々なお店が軒を連ねていますから、素通りされて
しまうこともありますが、インパクトのあるオリジナルデザインの
のぼり旗が設置されていれば、足を止めることができ、うまくいけば
お店の中に入ってもらえることでしょう。

なお、商店街で使える具体的なオリジナルののぼり旗の1つに
セール中やバーゲン中であることを伝えるデザインというのがあります。

単にSALEやバーゲンといった言葉が載っているだけでも良いものですが、
ポイント2倍やポイント3倍といった言葉が載っているオリジナルデザイン
のぼり旗も魅力的です。

のぼり旗を目にした時に、今日購入するとお得だということが伝われば
集客アップにつなげやすくなることでしょう。

コロナウィルス対策でテイクアウトを始めたなら「京都のれん株式会社」ののぼり旗で宣伝!

コロナウィルス対策を応援する京都のれん株式会社

コロナ対策京都のれん株式会社では、コロナウィルス対策に努めて
いる飲食店に対して、のぼり旗を特別特価で提供しています。

営業自粛やテレワーク、在宅ワークのできない飲食業の
営業努力を応援するため、全国一律の送料込みの値段が
特徴です。

また、営業継続のためにテイクアウトをメインにするところが
多い状況から、持ち帰りができることをPRをするのぼり旗を
作成しています。

京都市中京区錦堀川町に本社を構える京都のれん株式会社は、
のれんやのぼり旗、風呂敷・横断幕といった布のオリジナル
製造メーカーを手掛けている企業です。

顧客や取引先工場、従業員など関わるすべての人の満足や喜びのために、
布をツールにしたできることを考え続ける企業理念があります。

宣伝ツールであるのぼり旗は、低価格・短期間でオリジナル制作が
できる点が人気です。

通常のオーダーでつくる製品は、こだわりのカラーやフォント・イラスト
などにも対応し、ブランディングにもつながるような製品の作成と提供に
定評があります。

注文は、作成データやラフ画をメールアドレスに送付したり、イメージを
伝えることでデータを入稿してから確認をし、入金確認後にすぐに作成
されるのでとてもスムーズです。

企業ホームページ内ですぐに見積もりができ、電話やメールでの
問い合わせにも応じています。

テイクアウトにのぼり旗は効果的

持ち帰りのぼり旗テイクアウトやデリバリーの宣伝用のぼり旗は、注文してから
すぐに届けられる既成デザインで提供しています。

サービス形態を変化させて営業を続ける飲食店を応援する
ために、特別価格で作成しているのが特徴です。

郵便受けで受け取りができるレターパックライトにて、
全国一律の送料込み価格で即日発送しています。

素材はポリエテルポンジーで、150cm✕45cmの扱いやすい
サイズです。

コロナウィルス拡大防止のため、感染防止に関する警鐘が
サブタイトルに入っています。

種類は複数用意しており、「お弁当できます」「配達いたし
ます」などの文言もニーズに合わせて選ぶことが可能です。

特別特価のぼり旗に関しては、1枚から数枚単位をメインにしながら、
同一商品一配送先20枚以上の注文の場合はさらに特別価格で提供する
など必要に応じて対応しています。

のぼり旗は、商品やサービスのPRだけでなく、店舗全体をにぎやかに
見せるのにも有効です。

明るく、タイムリーに必要な情報を提供することで、確実に集客アップが
期待できます。

スタンド看板の様に重くなくスペースも必要としないため簡単に設置でき、
コストも抑えられる画期的な宣伝ツールと言えるでしょう。

のぼり旗のデザインは統一感が大切です

イベント会場への案内表示として使ったり、雰囲気を盛り上げるための
小道具だったり、のぼり旗には様々な使い方が考えられますが、
いずれにしてもデザインを統一感を持ってそろえることが
非常に重要です。

統一感を揃える

例えば年に一度のイベントのため、のぼり旗が準備されているとします。
前年、規模を拡大して盛況だったため、今年は新たにのぼり旗を
新調するときに、表示する内容を同じものにしたとしても
デザインを変更してしまうのは問題を招きかねません。

別のイベントと間違えてしまうかも知れないからです。
人間には、一度見たものに「先入観」を持つ癖があります。
毎年そのイベントを楽しみにしている方は、かつて楽しかった印象と
デザインを結びつけて覚えてしまっているはずです。

印象的

新調した旗を見て、別のイベントと
勘違いするのはそういうときです。
どうしても別なもので、と言う場合、
アイコンのような目を引くポイントを
共通させるなど、工夫をする必要があります。

既製品ののぼり旗を活用するには

ホームセンターや通販で気軽に購入できるのが、既製品ののぼり旗。
文言やデザインの選択肢も増え、オーダーメイドに比べ
値段も安く済みます。

既製品のメリットは、買った即日そのまま使えること。
通販での在庫切れなどを除けば、納期に頭を悩ます必要がありません。
季節やキャンペーンに応じて、のぼり旗を追加していくと良いでしょう。

すぐに使えるのぼり旗

既製品ののぼり旗について難点は、デザインのオリジナリティに少し欠けること。
来店した客が「これどこかで見たな」という印象を持つのが
マイナスに働く可能性はあります。

品質特に品ぞろえにこだわりのある店の場合、のぼり旗のクオリティにも
注意する必要があります。
限定品や店ならではのサービスを宣伝する際は、オーダーメイドも
検討した方が良いかもしれません。

のぼり旗をオーダーメイドする際は、既成品のサイトもチェックして
似たようなデザインがないか確認するのもポイント。
既製品と上手に使い分けて活用し、効果を最大限に引き出しましょう。