カテゴリー: 長期的にのぼり旗を管理するコツ

長期間保管はロール状に丸める|激安のぼり旗を長持ちさせる

のぼり旗の生地の素材には様々な素材が存在しますが、長期間の保管を
行いたい場合にはロール状に丸めて日の当たらない場所に保管するのが
適切な保管方法となります。

ロール状に丸める理由としては、まず場所を問わずにコンパクトに
まとめることができるからです。

それ以外にものぼり旗の大敵は、太陽光に含まれている紫外線であり、
それを浴び続けていると色褪せたり、素材自体が朽ちてしまい
劣化する可能性もありそれを防ぐからとなります。

劣化

また畳んでおくという方法も存在しますが、畳んでおく場合には
重力の関係上折り目がついてしまうので、竿にさした時に違和感を
感じることも多く、他にもその部分からのほつれが始まりやすいです。

激安ののぼり旗を製作した場合、素材がポリエステル系となるため
折り目が付きにくいとされますが、一方ではそれが付いてしまうと
厄介となるケースもあります。

さらに根強い人気の旗としては、染め上げが鮮やかな綿を基本とした
のぼり旗が存在しますが、この旗の場合は畳んでしまうと折り目が
付きやすい特徴があるため注意が必要でロール状に巻いた方が適切です。

のぼりの保管方法

ネット通販などでも激安の旗の製作を行うことができる様になっていますが、
多くの方に支持される理由としてはコストをかけないことで、定期的に
取り換えられる利点があるからとなります。

それでも商売などの関係上、ある程度の期間は利用し続けたいという
ニーズもあるため、長期使用に耐える保管方法はロール状に巻いて
おくことがポイントとなるのは言うまでもありません。

オリジナルのぼり旗のカットの種類について

のぼり旗と言えばオーソドックスな縦長の長方形の旗を思い浮かべますが、
実は様々な形状があるのをご存知ですか。

ここではちょっと変わった種類の旗をご紹介したいと思います。
基本の長方形タイプは広く出回っており、サイズも様々です。

この長方形の旗からポールと反対側の下側の角を丸くカットしたものは
アールカットと呼ばれるもので、こちらも良く見かけるタイプです。

カットの種類

アール型、または裾を狭めた台形のぼりは風によるなびきが少ない分、
ほつれにくいという特徴があります。
長方形の下側をV字にしたベース型、逆の山切りカットは古くから
西欧で使用されてきた人気のあるのぼり旗です。

レストランや西洋をイメージするようなショップで良く見かけます。
シングル使いでも十分魅力的ですが、ダブルのぼりで使用すると
より裾のデザインが強調され、インパクトを与えて高い宣伝効果を
得ることができます。

選択肢

その他専用ポールを使用するような複雑な形状の旗を
扱う専門店が次々と出現しています。
未だ市場は長方形が占めていますが、オリジナリティを
求めて今後選択肢が増えていくことは確実です。